2019年版 HSBC凍結解除ツアー

HSBC凍結解除ツアー 1日目 HSBCを解約する

今後HSBCを利用する予定のない人は解約をお勧めします

HSBCを作った目的の多くが「海外積立の受け皿」として多いです。

海外積立の満期はたいてい30年後とかが多く、その間HSBCを利用する予定がない人!

このような人は「解約」を選択してください。

HSBCを持っている限り「凍結」のリスクは常に発生します。

そのたびに半年に一度「現金を引き出し」することを考えるとHSBCを持っているだけでリスクが生じます。

また今後凍結のルールは変更になるでしょう!

積立が満期になったときどうするの?

その時は必要な時に海外銀行を開設してください。もしくは税金かかりますが日本の銀行に送金するのがよいと思います。

凍結後に解約したい

一番の問題は凍結解除に約3日かかるという点です。

その間お金が引き出せないので時間のない人は大変です。

ですので凍結解除後に解約して「日本円」をその場で欲しい人!

サポートを申し込みして頂くとこちらでお金を立て替えます

事前におおよその金額を知らせてもらえれば現地で日本円を用意します

もちろん手数料はゼロ!当日の銀行レートで処理いたします。

ご気軽にお声おかけください。

強制解約に持ち込む

推奨はできませんが一つの方法として

口座内の残高が少ない人は「強制解約」もありだと思います。

HSBCは最低貯蓄額を下回ると「口座維持手数料」が発生します。

毎月700円~1000円前後ですが時間が経過すると残高がゼロになります。

この時点でHSBC側から強制解約となります。

なので凍結解除後、日本に帰国して「やっぱ利用しない」という人はできる限りATMでお金を引き出してください。

この場合細かい端数はATMでは引き出せませんので諦めてください。

これで時間が経過すれば強制解約となります。